So-net無料ブログ作成
検索選択

機内Wi-FiサービスでFlightradar24を楽しむ


https://youtu.be/nUU5yaGJGyY

2017年5月14日 羽田→高松 JL485

機内Wi-FiサービスでFlightradar24を楽しむ

 JL485 羽田→高松 2017年5月14日。


航空機 機上では携帯電話は使用禁止だし、もとより 海上 山間部を飛ぶ 飛行機では 地上の携帯電話網は安定的に つかえない。

衛星通信を利用する 米国gogo社の衛星接続サービスを利用した、機内インターネット接続 機内Wi-Fiサービス。

2017年2月から8月の間 国内線の便でも 期間限定で無料で使える。

この絶好の機会を 利用して 普段地上で使っている Flightradar24を 飛んでいる機内で作動させて 楽しんでみた。

リアルタイムで 飛行状況がわかる Flightradar24。


空港 離陸後 すぐ 最初の雲のレーヤーに入り 抜けても 窓からは 雲ばかりの雲海。

座ったのは窓際でない 席であったが Wi-Fi接続すると 地図上で飛行状況を確認したり グーグルアース3D景色 をみたり 行きかう 他の航空機の動き 同じ方向に向かう 様々な機種の動きなど 予想以上に面白い実況を 十分 楽しむことができた。

機内アナウンスや 小さい機上情報ディスプレイで表示される飛行経路とは比較にならない 細かな情報をえて 到着地の空港のウェザーMETARなどもチェックしつつ あっというまに 着陸手前になってしまった。

雲中でも 暗視ゴーグルをつけたような感覚で しっっかり視界が開けつつ 窓の景色を楽しめる。

フライトシュミレーターでなく 実機なので 臨場感が 迫力満点。

リアルタイムにATCが聴けたら もっと面白くなるのだが 北米のサイトなどでATCをしっかり 流しているのがあるのだが 日本のLIVE ATCなど 限定的だし、機内への持込み無線機は使用不可だ。

いくつかの便の機上でFlightradar24使用したが 何人かのキャビンアテンダントの方から Flightradar24についての 質問を受けたりした。たぶん まだ機内で 使っている人は少ないのだろう。

ただし Wi-Fiは 電子機器の使用制限があるので 離陸5分後から 着陸5分前の使用に限定。音声通話は不可で、コンテンツフィルタリングなどの制限などもある。

【結論】

地上で Flightradar24をつかうのと

搭乗している機上で リアルタイムに Flightradar24をつかうのでは
迫力ある 臨場感が全然違い楽しみが倍加する。

確かに 面白い。

https://www.gogoair.com/jp/

http://www.gogoair.com/